1. >
  2. 10分で理解するイチゴ鼻の治し方

10分で理解するイチゴ鼻の治し方

本来ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は人間の細胞と細胞の間に多数あり、水分を蓄えたり衝撃を吸収するクッションの機能で大切な細胞を守っていますが、年齢にともなって体内のヒアルロン酸は徐々に減少します。

夏場に汗をたくさんかいて体内の水分の量が減ると自然に尿量が減らされて体温調節に欠かせない汗のための水分が溜められるため、この過剰な水分そのものが実はむくみの原因になります。

美容外科(Plastic Surgery)というのは、身体の機能上の損壊や変形を矯正するよりも、専ら美意識に基づいてヒトの体の容姿の改善に取り組むという医療の一種であり、完全に自立した標榜科目のひとつだ。

歯の美容ケアが大切だと理解している女性は確かに増加しているが、実際にやっている人はまだまだ少数だ。その理由で最多なのは、「自分一人ではどう手入れすればよいのかよく知らない」というものらしい。

メイクアップの短所:化粧直ししなければいけない。クレンジングしてすっぴんに戻った時に毎度訪れる落胆。化粧品の出費が結構痛い。ノーメイクでは外に出られないというある種の強迫観念にとらわれる。

最近よく耳にするネイルケアとは、爪や指先の手入れを指す。ヘルスケア、美容、医者による医療行為、生活の質(quality of life)の保全など多様な場面で活躍しており、既にネイルケアは一つの確立された分野となっているのだ。

女性誌や美容の書籍には、小顔になる、肌が美しくなる、痩身、デトックス効果がある、免疫の増進など、リンパ液の流れを良くすれば何もかも大成功!などというフレーズが載っている。

目の下にたるみが現れた場合、誰でも本当の歳よりも4~5歳は年上に映ってしまいます。フェイスラインのたるみは多くありますが、その中でも下まぶたは最も目につくところです。

本来28日周期のターンオーバー(新陳代謝)が遅れると、様々な肌の老化現象や肌トラブルが起こります。顔や首筋のしわ・目立つシミ・顔色の冴えないくすみ・目の下のくま・フェイスラインが下がるたるみ・吹き出物・乾燥など、挙げればキリがないほど大変なことになります。

思春期は終わっているのに発生する難治性の“大人のニキビ”の症例が徐々に増えている。10年という長期間こうした大人ニキビに苦しまされている方が医院に来る。

現代社会を生きる私達は、1年365日体内に蓄積されていく恐ろしい毒素を、多彩なデトックス法をフル活用して追いやり、どうにかして健康体になりたいと皆必死になっている。

顔などのたるみは不必要な老廃物や余分な脂肪が蓄積することにより悪化します。リンパ液の動きが鈍くなってくると老廃物が蓄積して浮腫が出たり、余分な脂肪が付きやすくなり、たるみへと繋がります。

日頃から習慣的にネイルの健康状態に配慮することで、わずかな爪の変質や体調の異常に対応し、より自分に見合ったネイルケアを実践することが可能なのだ。

美容整形をおこなう美容外科というのは、とどのつまり外科学の一種であり、医療に主眼を置く形成外科学(plastic surgery)とは別のものだ。また、整形外科と勘違いされることがよくあるがこれとは全く異分野のものである。

あなたには、自分自身の内臓が元気で健康だと言い切れる根拠がおありですか?“ダイエットが成功しない”“肌が荒れてしまう”などの美容に関するトラブルにも、実のところ内臓の状態が深く関係しています!

現代を生き抜く私たちは、一日毎に体内に蓄積されていくという恐ろしい毒素を、バラエティ豊かなデトックス法を試みて出し、なんとかして健康体になりたいと努力している。

頬や顔の弛みは老けて見えてしまう原因に。肌の弾力や表情筋と呼ばれる筋肉の緩みが弛みをもたらしますが、実をいうと日常生活の何気ない習慣も原因になります。

元来ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は人間の細胞と細胞の間に多く含まれ、水分の維持や衝撃を吸収するクッションの機能によって大切な細胞を保護していますが、歳を取るにつれて体の中のヒアルロン酸は徐々に減少していくのです。

肌の美白ブームには、90年頃からじわじわと女子高校生などに受け入れられたガングロなど、異常に日焼けする独特な渋谷系ギャル文化への警鐘ともとれる精神が含まれているのだ。

健康的な皮ふのターンオーバーは4週間周期になっており、1年365日新しい肌細胞が生まれ、1年365日剥落し続けているのです。このような「毎日の生まれ変わり」によって私たちのお肌は若々しさを保ち続けています。

爪の生成行程は木の年輪のように刻まれるというものであることから、その時の体調が爪に出やすく、毛髪と同様視認できて分かりやすいので健康のバロメーターとも言われるのだ。

細胞が分裂する働きを活発にし、肌を生まれ変わらせる成長ホルモンは昼間の勉強などの活動している最中は出なくて、日が落ちてからゆっくりと身体を休め寛いでいる状態で分泌されると言われています。

美容とは、化粧や整髪、服飾などを用いて見た目をより一層美しくするために形づくることを指す。なんと江戸時代には化粧(けわい)の同じ意味のものとして使われていたという記録が残っている。

ここ日本における美容外科の変遷の中で、美容外科が「紛れもなく真っ当な医術」だとの認知と地位を得るまでには、想像以上に月日を要した。

よく聞くピーリングとは、時間の経った角質層をピール(peel:剥くの意味)し続けることで、若くて整った表皮に取り替える分かりやすい美容法です。

最近よく耳にするネイルケアとは、爪や指先のお手入れ全般を指す。ヘルスケア、ビューティー、ファッション、医師による医療行為、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全といったいろんな活躍の場が存在し、今やネイルケアはなくてはならないものと言っても過言ではない。

20代、30代に発生する難治性の“大人ニキビ”の患者が多くなっている。10年間もこのような大人ニキビに苦痛を感じている方々が専門の医院にやってくる。

貴方は、果たしてご自分の内臓が何の問題もないと断言できる自信がおありでしょうか?“全然やせない”“肌荒れが治りにくい”などの美容トラブルにも、実際は内臓の機能が関係しています!

ドライ肌は、皮膚に含まれるセラミドと皮脂の量が標準よりも減衰することで、肌の表皮にある水分が蒸発し、皮ふがパリパリに乾燥する症状を言い表しています。

デトックスというものは、人間の体内に澱のように蓄積されたありとあらゆる毒素を体外に排出するというシンプルな健康法で民間療法や代替療法に区分けされる。「取り除く=解毒」という意味を持つ「detoxification」の短縮形から派生した。